© 2016 by SMART English School Hamada

CHILDREN LEARN BEST THROUGH GAMES, MUSIC AND HANDS ON COGNITIVE ACTIVITIES...

アート
幼い子どもたちは創造的な芸術活動を通して色や形を覚えます。2つの原色を混ぜて二次色ができた時に、その現象を理解します。子どもたちを外へ連れ出し、木をよく観察し、その樹皮の感覚を知り、葉の形や色を研究し、その木を描かせることで彼らは科学に必要な観察能力を身に付けます。

ガーデニング
ガーデニングは認知力つまり知覚・記憶・推論・問題解決などの知的活動能力の向上と、自然科学の処理技術を促進します。子どもたちは育てているものを見て観察力を身に付けます。植物のそれぞれの成長を観察し、その過程で推測したり、予測したり、仮設を立てたり、問題解決することを学びます。子どもたちとガーデニングをすることには数え切れないほどのメリットがあります。

クッキング
自分たちの手で育てたものを知るために、料理やその下ごしらえをしましょう。子どもたちは自身で育て、収穫したものを食べてみることに心躍らせます。たとえそれがあまり一般的でない野菜であっても、それを育て調理することで子どもたちの心を引き付けます。調理実習は子どもたちがスキルや能力に誇りと自信をつけることに役立ちます。レシピに沿って作ることで自己の主導性と自立を子どもたちに促しつつ、指示に従うことや問題を解決するために考えるということも教えます。

算数
数字を学ぶということは、幼い数学者になるための第一歩です。スマートイングリッシュスクールの数学は、数えること、数字の認識、1対1対応、形、色とパターンに関することが全てです。もしこれらの一見単純に思える作業をタイミング良くできなかったとしても、心配はいりません。つまり数学の天才は、開花するために時間が必要です。しかし、年齢に適したテクニックでこれらの学びを手助けすることにより、この先の数学が123を学ぶのと同じくらい簡単なものとなるでしょう。

音楽
様々なサウンドやリズムに多く触れることは、子どもの認知発達に重大な意味を持ちます。その様々な経験は言語運用能力、空間的推論、時間的推論につながります。さらに、ムードや感情、異文化への理解を高めます。音楽は子どもの発達のありとあらゆる分野に役立ちます。関連のある歌を歌うことで科学、数学、言語の概念を学ぶ助けとなります。歴史や地理もその時代や地域の音楽を調べることで理解が深まります。音楽は記憶力を高めることもできます。記憶すべき事柄を音楽に合わせると、簡単に覚えることができるのです。